私が補正下着フェチである理由

こんにちは、ページ管理者の冴栄子です。
今日は私が補正下着フェチである理由についてお話しします。

【ABOUT】
東京麻布在住のセレブ「冴栄子」は補正下着の着圧に快楽を得る性癖を持ち、勃起した男根を迎える時さえ下着の脱衣を拒みます。激しい自慰と獣に豹変するセックスでは、室内に響き渡るほどの淫語を連呼し、壮絶なアクメを迎えて昇天します。類(たぐい)まれなる変態趣向を持つ、わたくし冴栄子のフェチブログです。
 
補正下着フェチ動画-案内画像1

目次
着にくい脱ぎにくい補正下着
顧客との一夜で開花
覚醒した変態性
さらなる調教の時代へ
販売動画のご案内

着にくい脱ぎにくい補正下着

ガードルフェチ淑女

さて、ほとんどの女性は補正下着を敬遠します。
セクシーでない、苦しい、老けて見える、など様々ですが、理由の一つに「着にくい/脱ぎにくい」があります。

私は現在アラフォーですが、20代のワーキングウーマン時代は、ガードルやボディスーツ着用は当たり前であり、特に営業先では男性顧客の視線を捉えるために、パンスト+ガードル+ボディスーツは営業知識やトーク力よりも必須アイテム。

ビーナスボディに聡明な会話力があれば、接待だけで仕事が受注できた時代です。

振り返れば、悲鳴が上がる程圧迫され、他人の視線のために我慢を強いられなくてはならない補正下着を四六時中身につけていた事が不思議です。

相手先担当者は30代かつ重役である独身男性。女性であれば惚れ込む事間違い無しの容姿と包容力を持ち合わせていました。打ち合わせ終了後の接待を経て、自然の流れでその独身男性とホテルにチェックイン。

25才の会社員時代、私はとある打ち合わせを機会に、自らの変態性癖が開花しました。

顧客からのカミングアウト

ロングガードルフェチの女

室内で打ち解けた会話をする中、彼は信じがたいカミングアウトをしてきました。

ガードルを脱ぐあなたを見たい…それは、私がガードルや身に付けてる補正下着を脱ぐシーンを視姦したいというものでした。

極度のガードルフェチであり、初対面の時から私のタイトスカートに浮かび上がる複雑なラインに目が釘づけであり、仕事の話しどころではなかったとの事。

ガードルなどの補正下着を、苦心の形相と体の動きで脱ぎ着するその姿に異常な興奮を覚えるのだと打ち明けてきました。

私は彼の要望を受け入れ、アウターを脱ぎ、体を包み込む補正下着を彼の目の前にさらしました。彼は私の下着を凝視し続け、ボディスーツ、ロングガードル 、パンストを順に脱ぐ姿に歓喜の声を上げていたのを今でも思い出します。

パンティとブラのみになった私は、セックスも近いと察し、彼にシャワーを要求すると…

視姦しながら自慰

「今度は今脱いだ補正下着を身に着けて欲しい」と懇願されました。

途方も無い変態の世界…見せてはならない補正下着姿を視姦される快楽…非日常的な不思議な感覚に私の頭は真っ白になってゆきます。

気付くと彼は均整の取れた日焼けした肉体を露呈し、中央にはへそに届くばかりの男根が垂直にいきり立っています。

彼は一瞬たりとも私の裸体から目を離さず、勃起したペニスを上下にゆっくりとしごきます。

私の中では得体のしれぬ興奮が衝動し続け、ヴァギナは太ももを伝わるほど愛蜜を放出し、いやらしくひくつくのです。

しこを踏むように履くガードル

彼は体をくねらせ、相撲のしこをふむようにガニ股ポーズでガードルを引き上げる私の姿を瞬きもせずに直視し、息遣いを荒げながらロングペニスを激しく擦り挙げます。

私は彼のその姿を見て、無性にまんこにいきり立ったペニスを受け入れたくなりました。

まんこの入り口から子宮の奥までを高速でペニスを出し入れされ、大量のザーメンを受けたい…

そんな爆発するような妄想が、私に変態行動を起こさせました。

覚醒した変態性


私は淫臭放つ股間部を開き、彼の口元にクロッチをスタンディング状態で押しつけました。

彼は餌にありついた狂犬のようにガードルのクロッチ分を勢い良く舐め上げ、同時にペニスから大量のザーメンを私の顔に掛かるほど放出。

そして同時に私もアクメの頂点に… ペニスを入れず、クリトリスも直接触れられることもなく、オルガスムスを迎えたのは今回が初めてであり、それは今まで経験したセックスの中でも最上級であった事に違いありません。

放心状態で動くことができない彼を横に、着替えをしながら、補正下着を着用したままセックスに臨む快感に感動すら覚えていました。

さらなる調教の時代へ

今ではその彼とは疎遠ですが、その私の性癖をさらに導き出し、さらに変態行為を惜しみなくセックスに取り入れてくれる現在のパートナー「アルト」と出会ったことから、素晴らしいセックスライフを送れています。

最後までご覧いただいてありがとうございます。

では、また…

関連記事

  1. kaki

    初めてコメントします
    たまたま見つけた冴栄子さんのブログを拝見し
    興奮し勃起息も荒くなって食い入る様に読ませていただきました。
    私は50代の男性ですが、極度のガードル ボディスーツフェチです。女性のガードル ボディスーツ
    姿を見るのはもちろん大好きですが
    20代の頃から自らガードル ボディスーツを見にまとう事がたまらなく大好きです。
    もうだいぶ前から下着は全て女性用しか持っておらずON OFF共に服の下はガードルを着用しております常に全身は脱毛を施し陰毛は小指一本分しか残していません。
    ピチピチの感触を楽しみ、男性の服の下は
    女性用ショーツ、ガードルを履いている…
    女性(特に好みのご婦人)の前で仕事の話しをしている時など帰宅後、その日の出来事を思い出して自分の姿を鏡に映しながら淫語を口走りながら
    激しくオナニーをする倒錯した性癖です。
    冴栄子さんのガードル姿 ボディスーツ姿
    淫語を口走りながらのおまんこ
    ハァハァしながら見させていただきました、
    これからも変態性癖の冴栄子さんの
    姿を見ながらハァハァしながらオナニーさせていただきます。
    乱筆 乱文ご容赦ください、

    • celebsaekofilm

      kaki様、コメントありがとうございます。同じ性癖のある殿方のお話を聞けて、大変嬉しく思います。

      撮影が諸事情により停滞しておりますが、折りを見てkaki様のフェティッシュ感に響く様な撮影を行い、披露したいと思っています(笑)。

      その節は、またよろしくお願い申し上げます。