冴栄子のピックアップランジェリー

こんにちは、冴栄子です。

【ABOUT】
東京麻布在住のセレブ「冴栄子」は補正下着の着圧に快楽を得る性癖を持ち、勃起した男根を迎える時さえ下着の脱衣を拒みます。激しい自慰と獣に豹変するセックスでは、室内に響き渡るほどの淫語を連呼し、壮絶なアクメを迎えて昇天します。類(たぐい)まれなる変態趣向を持つ、わたくし冴栄子のフェチブログです。

補正下着フェチ動画-案内画像1

セックスで身につけた下着類

先日のセックスで着衣したいくつかの下着を紹介します。

この下着の写真を見返すたびに、私は非日常的に乱れまくる自分の痴態が脳裏に蘇ります。

理性を完全に喪失した一匹のメスと化し、ただひたすら熱く硬直した勃起ペニスだけを求め、淫語をわめき散らしながら、最高の快楽をむさぼるのです。

ガードル

ブライダルメーカーから発売されてる高級ロングガードル。長時間着用しても圧迫による疲労があまりないライトな締め付け感です。

日常履くガードルの色は「ベージュ」または「黒」が一般的で、ホワイトは実はあまり商品数がありません。

彼は、純白のガードルを半下ろしにし、バックからおちんぽを挿入し、射精が込み上げるとペニスを引き抜き、ガードルを元に戻し、フロントに施されてるダイヤパネルにザーメンをぶっかけて汚すことを最高のプレイとしています。

女性から見ても美しい純白のロングガードル。いやらしい臭いたつザーメンを塗りたくられると、その鄙猥さに頭がもうろうとしてきます。

ボディコンスカート

写真で見ると縮んでいるため、なんだかわかりませんが、バストから下腹部までを覆うシースルーのボディコンスカートです。

腰にくびれが無い私には今ひとつ似合いませんが、これを着衣し、シャワーを浴びながらオナニーをすると、その生地の感触の良さと相まって、すぐに昇天してしまいます。

パンティ

純白のTバックショーツは、3方向をシルバーリングで止めてあるレース仕様です。

セックスの時、あまりパンティを履くことがなく、クロッチレスの補正下着でのプレイが多いのですが、パンティ着用の場合はほとんどTバックを選びます。

それは無理なくクロッチ部をずらせること。彼は私をバックにさせて上方向から私のヒップを眺め、勢いよくパンティをずらし、尻肉にひっかけ、ペニスを突き上げるのが好きだと言っていました。

パンティがヒップに引っかかってる状態が、なんともエロスなのだとか…

フェイクパンスト

パンストの膝下が黒タイツとなっており、一見「ニーハイ」を着けてるように見えるフェイクパンスト。

股間はもちろんクロッチレスです。パンストの質感と、タイツの質感を同時に感じながら、さらに視覚的にもいやらしさがあり、私も正常位での高々と上げる足を見るたび、興奮が高まるのです。

ボディリファー

下腹部がTフロント状になっているボディリファー兼セクシーレオタード。私のお気に入りで過去の販売動画にも数回登場しています。

身につけた時の肌触りの良さ、否応がなしに股間に食い込むクロッチ部… 私の水風船のようにふくらんだマン肉をより強調させるのです。

股間はスナップにはなってませんが、Tバックのように簡単にずれてヒップ肉で止まるので、セックスに支障はありません。

パンティ

大きめの花柄ワンポイントをあしらったフルバックパンティ。年齢的にはこの程度の大きさが安心します。

透明感があり、その生地の薄さから、わたしのふくよかな下半身をいやらしく主張させるアイテムとなっています。

ヨガウエア(ブラ)

ヨガウエア兼スポーツブラ。シースルーでありながら着圧は相当あり、これにより乳首は陥没して乳輪に埋まり、Dカップのバスト全体も押し潰されます。

乳首が第二のクリトリスである私は、その現象が異常なまでの快感となって押し寄せ、数秒クリを指ではじいただけでいってしまいます。

このヨガウエアについては関連ブログがありますので、併せてご覧ください。

ローライズパンスト

ローライズ用のグレーパンスト。透明感があり、品のある色をしています。

股上がおへその下までしかなく、今一履いた気がしませんが、お呼ばれの時などに身につけます。

今回はこのパンストにヨガウエアを併せてみました。

今後も機会ありましたら、激しい常時の後に、プレイで使用したランジェリーをご紹介します。

それでは、また…

動画販売のご案内

今回のブログをテーマにした販売動画がございます。よろしければ併せてご覧ください。

この本編動画はFC2コンテンツマーケットにて300ptで販売中です
SNSで更新情報をお知らせします


最新動画のご案内、ブログ、ニュース等の更新情報を、ツイッターでお知らせします。フォローしていただき、最新情報をお受け取りください。
ツイッターに移動する

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。